我慢はいらない。まつもとゆきひろさんの生存戦略はエンジニア志望でなくともおすすめ

この記事は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

こんにちは、Rubyをはじめて3ヶ月? 渡辺(@twokk1994)です。

就活サイト、サポーターズ主催のイベント、「【まつもとゆきひろ氏特別講演】学生エンジニアの生存戦略」を聴きました。

いい意味で専門性の小さい、エンジニア志望でなくても聞いておいた方がいいと思える内容。

実際の講演の様子は以下からどうぞ。

 

まつもとゆきひろさんって誰?

まつもとゆきひろさんは、プログラミング言語の一つ、Rubyの生みの親です。

Rubyはプログラミング言語の中でも、初心者に向いている言語だと言われています。日本人が開発者であるために、日本語で信頼できる情報が手に入りやすいのがその理由。

また単純に、他の言語よりもわかりやすい。私はRubyの他はHTML,CSS,とJavaを勉強している程度なのですが、Rubyは他と比べてコードがすっきり見やすい気がします。

 

印象に残った点

イベントは、まつもとさんが半生を振り返りながら、生き残るのに必要なメタ戦略を紹介する、という内容でした。

「メタ戦略」はまつもとさんが言っていた言葉。個々の成功者の具体的な方策ではなく、そこに共通するパターンのことです。

メタ戦略はまとめるとこんな感じ。

イベントの中でも印象に残ったことと、それについて考えたことを紹介します。

 

エントリーシートは最悪の発明

これ、正確にはエントリーシートではなくエントリーのことじゃないかな、と思います。

今ってほんと簡単にエントリーできるんですよね。リクナビなどポータルサイトに登録すれば、ワンクリックで終わる。

マイナビに関しては「迷わずどんどんエントリー!」とか言ってる始末です。ふざけんな。

大量の大学生が「迷わずどんどんエントリー!」なんてしてると、ツイートにあるような状況になります。

エントリーシートだけで興味の度合いを測れそうなのは、志望動機ぐらいですかね。それも書面じゃどうとでも書けるんで、人事の手間は変わりません。

実際説明会などに登場する新卒1期生の中には、「最初はあまり興味なかったんだけど…」みたいなことを言う人もいます。

自分もどんどんエントリーしていた人間でした。ほんとアホでした。エントリーした会社全部を詳しく調べるなんて、私にはできませんでした。

学生にとっても人事にとっても、気軽にエントリーできる仕組みは無駄を生んでいます。

 

理不尽な我慢はするな

ここでまつもとさんは、「理不尽な我慢」について言及していました。

特に理由もないけど、みんながやっているからやる、というのが理不尽な我慢です。

例えば、服装自由な説明会、行ってみればみんなスーツだった!みたいなやつです。

逆に「してもいい我慢」は、目的達成のための手段としての我慢です。

そして私が考えた限りでは、上の2つは完全に区別できるものではありません。後述のブラック部活なんかがその例です。

ほんとなんでかわからないんですけど、日本人って我慢好きですよねー。僕も好きでした。

というか今でも、夜遅くまで作業するなんて俺カッケー!とか思っちゃう。実際は集中力が切れて効率は下がるのに。

しかも我慢って慣れちゃう。それこそ夜更かしが習慣化してしまうみたいに。それはブラック企業に染まった場合でも同じです。

ブラック企業からホワイト企業へ転職した知人は、転職を選ぶ率が高かった。いわく「ここでどう頑張ればいいのかわからない」「もっと頑張りたい」と。水は低きに流れるというが、そんなことはない。人は慣れている環境へ戻りたがる。

引用:残業230時間の会社からホワイトへ転職したのに、適応できなかった

早い人だと部活動の時点でブラックに染まってしまいますよね。いわゆるブラック部活。

長い練習時間は上達するのには必要条件だし、好きな人がそれをやるぶんにはなんの問題もありません。体調悪いのに休めないとか、合理的でない雰囲気ができると問題。そこに一度染まってしまうと、抜けるのは至難の技です。

 

思い込みを更新しよう

パソコン用語で、キャッシュとはこんな意味です。

【キャッシュ】

ふたつの意味がある。一般的には、パソコンの中にあるキャッシュメモリーを指すことが多い。(中略)

まず、パソコンのキャッシュメモリーは、パソコンの処理速度を速くするための部品だ。具体的には、CPU と一般のメモリー(メインメモリー)との間にある、容量は少ないものの超高速で読み書きできるメモリーのこと。今は、ほとんどのパソコンに入っている。

CPU は、メモリーにあるソフトやデータを読み込んで、計算したり命令を出したりする。しかし、メモリーからデータを読み込むのに少し時間がかかる。そこで、直前に使ったデータをキャッシュメモリーに一時保存して、また必要ならキャッシュメモリーから読み込む。そのほうが読み込み時間を短縮できる。

引用元:用語解説辞典|【公式】NTTPC

キャッシュとか思い込みってできたときは作業の効率化とかに役立つんです。習慣と言った方がわかりやすいかも。

例えば家から会社や学校に行くのに、毎日「ここは左右どっちに曲がるのが近いのか、ここはまっすぐでいいのか?.」とか、いちいち考える気になれませんよね。

だったら「ここは右で、二番目の信号までまっすぐ」とルートを決めて習慣化した方が楽。

しかし一度できた思い込みが一生効果的かと言うと、そんなわけはありません。

例えば、家から会社までの間に地下歩道ができたとしましょう。なのに今までのルートを使ってたら時間の無駄です。

キャッシュを更新する。つまり、思い込みを「それでいいのか?」と見直す。そうすることで、理不尽な我慢をしなくてすみます。

 

人生も開発も問題解決だ

この考えはシンプルで驚き。私は、人生を問題解決と捉えたことはありません。

ここでまつもとさんがあげてた人生の問題は就職活動など。

こう考えると、私だってあなたにだって、開発者になる素養はあるのかもしれません。というかそう思いたい。

 

まとめ

まつもとさんの話は、エンジニア志望でなくとも得るものの多い講演でした。

自分の頭で考え、行動する。そしてそれに対して責任を持つ。

ありきたりですが、自分の人生の舵をとるのは自分です。

 

PS.就活生はサポーターズに登録しよう。

サポーターズ経由でイベントや説明会に参加すると、支援金がもらえます。基本大学と同じ地方の開催で1000円、それ以外だと3000円です。

就活での出費って意外とバカになりません。面白いように金が飛びます。

金の心配でストレスがかかる前に、サポーターズを利用しておきましょう。→サポーターズ | 学生と企業が支援でつながる

 

イベントレポート

知識・経験×感情 = 発信力。やぎぺーさんのイベントに参加して思ったこと。 #やぎまじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です